施設と設備
新道東コンタクト 無料送迎サービスをご利用ください 日帰り白内障手術 スタッフ募集

札幌かとう眼科 院内のようす

1

クリニック外観

1

待合室

1

待合室 旭川家具カンディハウスさんの椅子を採用しました。

1

検査室 最新鋭の検査機器を揃えています。

1

視力検査室

1

手術控え室 電動ベッドを備えています。

1

診察室1

1

コンタクトレンズコーナー

1

診察室2

1

外来処置用ベッドと顕微鏡

1

電子カルテ

1

多目的トイレット ベビーベッドを完備しています。


 

主な導入設備

オートレフケラトメーター

眼の屈折力を測定し、近視や遠視、乱視などの程度を測定するのに用いる機器です。光を瞳孔から眼の内部にあて、目の底から反射する光の状態を測定して遠点位置を割り出し、それを屈折度数に置き換えることで化学的に眼の屈折力や、近視、乱視の度数が把握できます。

3

光学的眼軸長検査器

眼軸長(角膜頂点から網膜までの長さ)の測定に使用します。手術後の屈折誤差を減少させるために、眼軸長を精密に測定する必要があります。

3

スペキュラマイクロスコープ

角膜が無色透明を保てるように角膜の水分量を調節している大切な細胞を角膜内皮細胞と呼びます。この細胞の数を測定する装置です。角膜内皮細胞は、他の細胞と異なり再生されません。そのため年齢とともに少しずつ減少します。

3

フルオート非接触眼圧計

眼球の内圧を測定します。古くは眼球を直接指で圧迫してその張り具合を感覚的に判断していましたが、現在はこのような機器で痛みなく正確に眼圧を測定出来ます。

3

左:マルチカラー光凝固装置 右:YAGレーザー

光凝固装置とは、強いレーザーを発射して、カメラのフィルムにあたる眼底を凝固する治療に用いる治療機器です。眼球の表面に目薬で麻酔をし、専用のレンズをあてて眼底にレーザー光を入れます。マルチカラーレーザーは、一台のレーザーで緑、黄、赤の異なる色のレーザーを出すことができます。YAGレーザーは水晶体の治療に使われる治療機器です。

3

OCT(三次元光干渉断層計)

OCT(三次元光干渉断層計)検査とは、網膜の断層画像を撮影する検査です。 OCT検査により、診察だけでは分かりにくい網膜の状態を明らかにし、網膜の病気に対する治療方針の決定や、治療効果の判定に役立てることができます。

3

眼底カメラと造影検査装置

眼底カメラとは、その名の通り眼底の状態を撮影するためのカメラで、眼底の検査には不可欠の装置です。造影検査装置は造影剤を血管内に送り込んで新生血管まで明確に血流状態を写し出すことで、通常の眼底写真ではわからない網膜の血管の様子を知ることが出来る装置です。

3

手術モニターと心電図

手術の様子を見ることができるモニターです。眼科においても心電図の測定は必要となります。

3

炭酸ガスレーザー

術中の出血や疼痛をおさえ、術後の発赤腫脹を極めて軽度にすることが可能となります。出血がほとんど無い手術野が得られ、早く正確な手術ができます。健常組織に影響を与えることなく、患部のみを手術することができる最新の手術レーザー機器です。

3

カセットオートクレープ

医療用滅菌器の中でも短時間で確実に滅菌をするための機器です。眼科手術における感染症対策は極めて重要です。

3

全自動高圧蒸気滅菌器 EOガス滅菌装置

どちらも医療用滅菌装置です。滅菌が必要な医療用具、素材等の滅菌にはそれぞれの特性に合わせた滅菌装置を備える必要があります。

3

静的量的視野検査(ハンフリー視野検査)

客観的・定量的に視野を機械が自動で測定します。緑内障を始め視野異常を起こす疾患の診断・経過観察に使用します

3

 

 

お問い合わせ