院長あいさつ

大学病院並みの設備と高度医療を、気軽に受診していただけるクリニックです。

1

札幌かとう眼科は、高度な設備と技術が必要とされる医療を郊外で気軽に受診していただけるよう平成23年7月に開院いたしました。

 

患者さんの目線に立った診療姿勢と大学病院レベルの眼科医療を提供し、できるだけ日帰り手術を実施するなど、見える喜びを目的に地域医療に貢献したいと考えています。

 

パソコンやスマートフォンなどのめざましい普及は利便性と同時に眼を酷使する環境の増大ともとることができ、見えづらいことのストレスが増えつつあることはどなたでもお感じになっていることでしょう。

 

しかし一方で、そういった時代の進化は眼科医療においても新しい治療法を次々と生みだしており、あきらめていた症状を大きく改善できる可能性も高まっています。皆様がもっておられる眼の悩みを、どうか私に打ち明けてみてください。

 

皆様のご覧になる景色がよりいっそう美しく映えわたるお手伝いをさせていただければ幸いです。

 

札幌かとう眼科 院長 加藤祐司

院長略歴

1993年  旭川医科大学医学部卒

 

旭川医科大学眼科および関連病院にて2年研修

 

旭川医科大学大学院医学研究科終了
  釧路赤十字病院眼科副部長として4年間勤務
  旭川医科大学眼科講師・医局長として8年間勤務
2011年7月  出身地の札幌市にて眼科クリニックを開設

 

プレスリリース・出版物のご案内

 

お問い合わせ