診療案内
新道東コンタクト 無料送迎サービスをご利用ください 日帰り白内障手術 スタッフ募集
1

網膜硝子体治療とは?

硝子体

光を感じる網膜や眼球の中にある硝子体の病気には様々なものがあります。 下記のように若いときは左側の図のようであったものが、加齢と共に右側のように変化していきます。

具体的には、水晶体の弾力性が低下して白内障が出てきますし、硝子体が液化して網膜から剥がれていく後部硝子体剥離が起こります。

また、下記に示すような様々な網膜の病気が起こってくることがあります。

 

 

 

 

 

 

 

網膜の病気

網膜裂孔・網膜剥離

網膜剥離

何かチラチラ見える、虫が飛んでいる、黒いものが見える、暗いところで光がキラッと見える、などの飛蚊症・光視症といわれる症状で来院されます。 原因としては老化に伴うもので放置しても問題がないタイプがほとんどですが、まれに下記のように網膜が破れたり、出血したりなど他の病気に伴うこともあります。

 

原因によっては網膜レーザー治療や硝子体手術が必要な場合があり、飛蚊症が起きた場合は詳しく調べる方が安心です。

 

 

 

糖尿病網膜症

糖尿病網膜症

また糖尿病による3代合併症の一つ、糖尿病網膜症も比較的多い疾患です。国内での中途失明原因の2位となるこの疾患には血糖コントロールと定期検査が欠かせません。定期検査が十分になされず、視力低下にて眼科を初めて訪れる方も少なくなく、治療が遅れたために視力を失ってしまう方も多くいらっしゃいます。

 

治療法にはストロイド剤や抗VEGFの注射や網膜レーザー治療、硝子体手術などがあります。造影検査を始め様々な検査を行い、病状に応じて治療法を選択していきます。糖尿病網膜症が発症しても血糖コントロールを厳格に行い、適切に治療を行えば進行を抑制できます。

 

網膜静脈閉塞症

網膜の血管が詰まって見えなくなる病気も比較的多く見られる疾患です。網膜血管の根本が詰まる網膜中心静脈閉塞症や網膜血管の一部が詰まる網膜静脈分枝閉塞症です。ものを見る中心部(黄斑部)に浮腫を起こしてくることがあり、その場合は視力が低下します。同様に造影検査や様々な検査を行い、必要に応じてストロイドや抗VEGF抗体の注射、網膜レーザー治療、硝子体手術などを検討します。

 

 

よくあるご質問

自然に治ることはありますか?

この病気はタイプによっては自然に治っていくことがあります。出血した場所や量などによって経過はどんどん悪くなっていくものもあります。ものを見る中心(黄斑部)に水がたまり視力が落ちていく場合は、ステロイドのテノン嚢下注入などを行い一時的に水を引かせます。何度も再発したりして視力が落ちていく場合は硝子体手術を検討することもあります。

ステロイドのテノン嚢下注入をしましたが再発しました。

一時的に効いても2,3ヶ月で再発してくることがあります。2,3回行っても再発する場合は硝子体手術を検討する場合があります。

 

硝子体手術をすれば治りますか?

硝子体手術で黄斑部のむくみは取れることが多いですが、黄斑分が痛んでいた場合などは視力が出にくい場合もあります。手術の場合は浮腫の再発が少ないので、ステロイドのテノン嚢下注入を繰り返すよりは手術を選択した方がよい場合もあります。

レーザー治療で視力は良くなりますか?

ものを見る中心(黄斑部)に水がたまった場合、基本的には上記のようにステロイドのテノン嚢下注入や硝子体手術を検討します。しかし、時間が経ったもので黄斑部付近の血管から水が漏れている場合や、造影検査で悪い血管が出てくるような場合はレーザー治療を行います。

 

中心の血管が詰まったタイプで治りにくいと言われました。

網膜中心静脈閉塞症は治りにくい病気です。根本の血管が詰まって出血した場合、抗VEGF抗体の硝子体内注入が効くことがあります。しかし、再発してくるものなどはレーザー治療や硝子体手術を行っても良くならないことが多いです。この病気は手の施しようがない場合も多いです。

むくみはなくなったといわれましたが、視力が出ません。

黄斑部浮腫を治療して浮腫はなくなっても視力が出にくかったりゆがみが残ったりすることはあります。血管が詰まったときにどのくらいダメージを受けたかやどのくらい時間が経ったかでで治療後の視力は変わってきます。

 

黄斑上膜 (網膜前膜)

網膜のものを見る中心部(黄斑部)に膜が張ってきて視力が低下することがあります。黄斑上膜というもので、原因なく加齢により起きてくるものと網膜剥離などに伴い起きてくるものがあります。少々膜が張ってきてややゆがみが出てきても視力は落ちないこともしばしばあります。基本的に経過観察でよいのですが、徐々に視力が落ちていくもの、ゆがみが強く日常生活に不自由を来すものは硝子体手術を検討します。手術によって黄斑上膜を剥ぐわけですが、視力も改善しゆがみも完全になくなるということはありません。 視力も改善しゆがみも軽減しますが完全には戻らないことが多いです。進行していく病気をある程度治し再発しにくいようにするという手術と考えています。

 

 

よくあるご質問

ものを見る中心(黄斑部)に膜が張っていると言われましたが手術が必要ですか?

黄斑部に膜が張っていても手術が必要と言うことではありませ。まだ見えていて、ゆがみも強くない場合は経過観察を行います。視力が0.5くらいに落ちてきたり、ゆがみが強くなったりする場合は手術を検討します。

黄斑上膜といわれ手術してもゆがみが残ると言われましたが

黄斑上膜の手術は、完全に元の状態には戻りません。上記のように、膜を剥いでもむくみ(黄斑浮腫)が残ることもあります。悪くなるのを防止する、少し改善させるという手術と考えています。

 

どのくらいすると見えるようになってきますか?

膜を剥いでもすぐには見えるようにはなりません。2,3ヶ月して落ち着いていきます。数ヶ月して徐々に視力が改善していく感じです。

 

硝子体手術は術後にうつぶせになる必要があると聞きましたが。

網膜剥離などの重篤な病気の場合は、術後安静が必要ですので入院の上、数日から1週間くらいうつぶせが必要です。ものを見る中心(黄斑部)の膜は剥いだり、むくみを取ったりする場合はうつぶせが必要なことはほとんどありません。

手術は痛いですか?

局所麻酔で30分ほどの手術です。手術の痛みはありません。

 

 

黄斑円孔(おうはんえんこう)

網膜の中心部(黄斑部)に円い孔(あな)が空くことをいいます。中高年の女性に多い疾患です。周辺は見えるが中心部分の視力低下を自覚します。両眼で物を見ているとなかなか気付かず、偶然に見つかることもあります。

まれに自然治癒しますが、ほとんどの場合は硝子体手術が治療に有効です。放置して経過が長くなると、孔が大きくなり網膜が傷み、手術しても経過が思わしくないこともありますので、発見次第、比較的早期の治療が必要です。

黄斑円孔図

 

 

よくあるご質問

黄斑円孔といわれましたが手術しないといけませんか?

黄斑部に穴が空いてしまった場合、まれに自然に治ることもありますが、早めに手術をした方がよいでしょう。時間が経ってしまうと黄斑部網膜が痛んで手術をしても治りにくくなりますし、視力も回復しにくくなります。手術後は数日うつぶせが必要です。

術後にうつぶせが必要と言われましたが。

孔をふさぐため硝子体腔内に空気や膨張するガスを入れて手術を終了します。自宅で3日ほど極力うつ伏せをしていただきます。

 

穴がふさがらないことはありますか?

近視がとても強いタイプや穴が空いてかなり時間が経っているものは穴が閉じにくいことがありますが、通常のものであれば穴はふさがることがほとんどです。

 

硝子体出血

硝子体出血は、突然かすんだ、見えなくなったなどの訴えで来院されます。原因として網膜に破れ目が出来てくる網膜裂孔や網膜剥離、網膜の血管がつまる網膜静脈閉塞症、糖尿病網膜症の合併症である糖尿病網膜症、加齢による加齢黄斑変性症、単なる老化に伴う後部硝子体剥離にともなうもの、などさまざまなものがあります。

 

原因により方針が異なりますが、緊急性がないものに関しては内服薬などで様子を見ます。出血が引いてから原因の病気を治療しますが、1ヶ月程度様子を見ても出血が引かない場合は硝子体手術を検討することもあります。

 

 

よくあるご質問

突然見えなくなり、原因は不明といわれました

硝子体出血を来す病気はいくつかあります。出血が多いときは眼底が見えず、エコーなどで調べますが、網膜剥離などを除き原因が分かりにくい場合があります。緊急性がない場合は1ヶ月ほど様子を見て、自然に治るのを待ちます。待っても治りそうにないときは手術を検討する場合もあります。

どんな原因が考えられるのですか?

原因としては網膜が破れる網膜剥離や老化によって黄斑部から出血する加齢黄斑変性症、網膜の血管が詰まる網膜静脈閉塞症などの病気によって起きてくるものから、単に老化による後部硝子体剥離に伴うものまであります。原因によって視力の回復は異なってきます。

治療

薬物治療

ステロイドテノン嚢下注射

ケナコルト、というステロイド剤を眼球の後ろに注入します。糖尿病網膜症や網膜静閉塞症などの病気では、血液の循環が悪くなり、物を見る中心部(黄斑部)に水がたまってくる(浮腫)ことがあります。ケナコルトを眼球の後ろに注射することにより黄斑浮腫を治療することが可能です。

 

注射後に黄斑浮腫は軽減することが多いですが、3カ月前後で再発もあります。繰り返し投与することが必要になる場合もあり、再発しなくなり治癒していく場合もあります。

抗VEGF抗体硝子体内注射
ルセンティス

非選択的に全てのVEGF(血管内皮増殖因子)に結合することによりVEGFの受容体への結合を阻害します。ルセンティスは加齢黄斑変性症という病気に対し保険適応となっております。

 

加齢黄斑変性症とは、加齢とともに物を見る中心部(黄斑部)に悪い血管(脈絡膜新生血管)が生えてきて、水が漏れて来たり出血したりして視力が落ちてきたり、物が歪んで見えるようになってきたりする病気です。これにもVEGF(血管内皮増殖因子)という物質が関与しているため、ルセンティスを硝子体内に注射することにより、原因となっている申請血管の増殖や成長を抑えることが可能となります。欧米先進国において、成人の中途失明の主要な原因となっていますが、日本でも高齢者人口の増加や生活習慣の欧米化などに伴い、患者数が増加しています。

 

アイリーア
アイリーアの注射

アイリーアもまた、滲出型加齢黄斑変性の原因物質であるVEGF(血管内皮増殖因子)の働きを抑える作用を持つお薬のひとつです。アイリーアを目の中に注射することで、新生血管の成長を抑え、新生血管からの滲出液や出血を止めることにより、症状を改善します。

 

アイリーアは病院で定期的に目に注射してもらうお薬です。

アイリーアによる治療は、まず1ヶ月に1回、連続3回行います。その後は、定期的に経過観察を行いながら、通常2ヶ月に1回、治療を続けます。

なお、治療の間隔は症状に応じて調節される場合があります。

抗VEGF薬による治療は、一旦症状がなくなっても再発することがあるため、定期的に検査と治療が必要です。気が付かないうちに病状が進行して、視力が低下したり見えにくい範囲が広がったりするのを防ぐためにも、定期的な検査と治療が大切です。

 

アイリーアによる治療

レーザー治療

レーザー治療にも病気によって方法が異なります。網膜が破れているときはその周りを焼き固めて網膜剥離が起きなくしますし、糖尿病網膜症や静脈閉塞症では広い範囲の網膜を焼いたり、悪い血管を焼き潰したり、網膜のむくみを減らしたりします。

 

目に負担がかかりすぎないように数回に分けて行います。1回10分程度ですが、場所によっては痛みが出ることがあります。基本的には片眼に行い眼帯もしませんし安静も特に必要ありません。

 

 

 

治療スケジュール

基本的に1回10分くらいの日帰り治療です。病気によっては数回行います。 レーザー治療後は、通常の瞳孔を開いて眼底検査をするときと同じですので、治療する方の目が帰りはまぶしくなります。

 

(1)治療申し込み

治療申し込み後、通常は1,2週間後より治療を開始します。

 

(2)治療当日

手術の約30時間前に来院していただきます。通常1回10分ほどの治療です。

 

(3)治療後の検診

レーザー治療後は基本的には通常の生活で構いません。網膜剥離が起きかけている場合は治療後1週間ほど安静にして頂きます。治療後は2週間~1ヶ月後に治療の効果判定を行います。 万が一、異常を感じた場合は決められた受診日以外でも早めに受診するようにしてください。

術後の合併症について

病気により異なります。糖尿病網膜症で網膜全体を治療する場合や血管が詰まって血の流れが悪くなる静脈閉塞症の場合、レーザー治療後に暗く見えたりすることがあります。また、レーザー治療を行っても視力が回復しにくい場合もあり、その場合は硝子体手術を検討する場合があります。

 

また、網膜の破れ(網膜裂孔)にレーザー治療を行った場合、治療に抵抗して網膜剥離が起こってくることがごくまれにあります。

費用

病気により費用が異なってきます。

 

手術費用 (自己負担額)
老人医療 1割負担の方 片眼12000~19000円程度 両眼24000~38000円程度
健康保険 3割負担の方 片眼36000~57000円程度 両眼72000~110000円程度

※症状の程度や合併症の有無によって治療内容や投薬内容が違うため、費用は多少前後する場合があります。

 

25G硝子体手術

白内障手術と同様に硝子体手術の進歩も目覚ましいものがあります。硝子体カッターも高性能となり、直径0.5mmというより小さい創から手術が可能となりました。眼内照明や眼内の観察方法も改良されてきており、より安全な手術が可能となってきております。

 

硝子体手術には、黄斑部手術などの比較的合併症が起きにくい手術から難易度の高い網膜剥離や増殖硝子体網膜症疾患まであります。 当院では日帰り手術で十分対応できる疾患に対し、硝子体手術を行っています。

 

治療スケジュール

硝子体手術を行った場合、数年すると白内障を起こしてきます。そうなると、また白内障手術を追加しなくてはならなくなりますので、基本的に60才以上の方は白内障がなくても硝子体手術と同時に白内障手術も行います。局所麻酔ですが痛みはほとんどなく、30分~1時間程度の手術となります。

 

(1)手術申し込み

手術前には当院での下記術前精密検査の他、手術に際し体の病気が影響しないかどうかなど内科等の医師に問い合わせをさせて頂きます。

 

(2)術前精密検査

手術を申し込みいただいた方には、手術に必要なデータをおとります。また、手術を受ける際に体に問題がないかをかかりつけ医に相談致します。

 

(3)手術前の点眼

手術3日前の朝から手術当日までの間、抗菌剤の点眼をしていただきます。1回につき1~2滴を点眼してください。

(4)手術当日

手術の約1時間前に来院していただきます。手術当日の朝食、昼食は通常通りでかまいません。心電図、血圧計など装着しますのでゆったりした服装で来院してください。来院の際にはご自分で車やバイクの運転をしないでください。手術終了後、しばらく院内で休息していただいたのち、注意事項の再確認をおこないます。その後、保護眼帯を装着したまま、お帰りいただきます。

(5)術後検診

保護眼帯をしたままご来院ください。手術翌日から眼帯装用も不要になりますが、目の状態が安定するまでの約3ヶ月間の点眼治療が必要となります。 硝子体手術の場合、視力が安定するまで2~3ヶ月はかかります。激しいスポーツ、飲酒、長期の旅行などは医師の許可が出てからにしてください。術後3日間、1週間後、2週間後、1ヶ月後、2ヶ月後以降は適時、診察と検査を行います。

万が一、異常を感じた場合は決められた受診日以外でも早めに受診するようにしてください。

術後の合併症について

手術後は目が赤くなったり、コロコロしたりします。白内障手術と異なり、術後はしばらくかすみます。疾患によって異なりますが、硝子体手術の場合、視力が安定するまで2~3ヶ月はかかります。

 

また、手術中に網膜に破れ目が出来ることがあります。場合によっては眼の中に空気を入れて手術を終了しますので数日間うつぶせが必要になる場合があります。まれではありますが、術後網膜剥離、感染などの重篤な合併症を起こす危険性があります。状態によっては、入院の上再手術が必要となります。

費用

病気により費用が異なってきます。

 

手術費用 (自己負担額)
老人医療 1割負担の方 片眼3.5万円~4万円程度
健康保険 3割負担の方 片眼10万円~12万円程度

※症状の程度や合併症の有無によって治療内容や投薬内容が違うため、費用は多少前後する場合があります。

お問い合わせ