診療案内
新道東コンタクト 無料送迎サービスをご利用ください 日帰り白内障手術 スタッフ募集
1

飛蚊症とは?

飛蚊症

何かチラチラ見える、虫が飛んでいる、黒いものが見える、暗いところで光がキラッと見える、などの訴えで毎日のように数人が来院されます。

 

そのほとんどのが後部硝子体剥離といって、老化により目の中の硝子体というものが網膜から剥がれて起こるもので、そのまま放置しても問題がないものです。剥がれた硝子体が網膜面から徐々に離れていきますので、その硝子体の影である飛蚊症は徐々に減っていきます。

 

しかしながら、中には網膜剥離や硝子体出血、ぶどう膜炎などの病気で起きてくることがありますので飛蚊症が生じたときは眼科でよく調べておいた方がよいでしょう。

 

網膜円孔や網膜裂孔がある場合でも、網膜剥離への進行する可能性が少ないと考えられる場合、レーザー治療などは行わずそのまま経過を見る場合もあります。網膜剥離が起きかけている場合や網膜剥離が起きる可能性がある場合にはレーザー治療で網膜剥離を防止します。発見が遅れすでに網膜剥離が起きてしまっている場合は、レーザー治療ではなく下記のような手術が必要となります。

 

レーザー治療

網膜の破れ目の周りをレーザーで焼いて癒着させ、網膜剥離が起こらないように固めます。網膜剥離の全周に網膜光凝固を施行する必要がありますが、瞳孔が開きにくい方や白内障で光凝固が十分に出来ない場合は、双眼倒像鏡を用いた冷凍凝固を施行することで確実に網膜剥離全周を治療できます。破れ目が大きいものやすでに網膜剥離が起こっているものはレーザー治療では治療できませんので、網膜剥離の手術が必要になります。

 

 

 

手術当日・手術後

当日は通常の診察のように瞳孔を開いて治療を行います。レーザー治療後、特に眼帯等は必要ありません。また、裂孔のタイプによっては網膜剥離発症予防のため1週間ほど安静が必要な場合があります。

合併症について

レーザー治療を行っても網膜剥離が発症することがまれにあります。網膜剥離が起きそうな裂孔や網膜剥離がすでに広い範囲に起こっているものに関してはレーザー治療ではなくバックリング手術や硝子体手術が必要となります。

費用

網膜剥離を伴うかどうか、レーザー治療の他に冷凍凝固を追加するかなどによって費用は異なってきます。

 

手術費用 (自己負担額)
老人医療 1割負担の方 片眼12000~19000円程度 両眼24000~38000円程度
健康保険 3割負担の方 片眼36000~57000円程度 両眼72000~110000円程度

※症状の程度や合併症の有無によって治療内容や投薬内容が違うため、費用は多少前後する場合があります。

 

網膜剥離の手術

網膜剥離がすでに起こってしまっている場合はレーザー治療ではなく、手術が必要です。手術には2種類あって、網膜にシリコンスポンジを巻き付けるバックリング手術と、目の中の硝子体を取って治療する硝子体手術があります。年齢や破れ目の場所などによって使い分けます。

 

よくあるご質問

チラチラ見える原因は飛蚊症といわれましたが治療法はないのですか?

網膜が破れたりする(網膜裂孔・網膜剥離)がない場合は特に治療は必要ありません。飛蚊症の原因が、後部硝子体剥離という加齢によるものの場合は、時間と共に薄くなっていきますので、チラチラが増えたり濃くなったりしない限りはそのまま経過を見て頂きます。場合によっては数ヶ月くらい飛蚊症が取れないことがあります。

レーザー治療によって、チラチラ見えるのは取れますか?

レーザー治療によって網膜の破れの治療はできますが、飛蚊症を治すものではありません。飛蚊症は徐々に薄くなっていくことが多いですが、場合によっては数ヶ月ほど飛蚊症が消えないこともあります。

 

レーザー治療は痛いですか?

網膜裂孔の場所などによって異なります。少々痛みますが基本的には点眼麻酔で頑張って頂きます。どうしても痛みがある方にはブロック麻酔を行います。

 

穴が空いていたら必ず治療が必要ですか?

上記のように放置しても網膜剥離になる可能性が少ない場合は治療せずに経過を見ます。放置することで網膜剥離が起きる可能性が高い場合ははレーザー治療を行い網膜剥離への進展を防止します。

 

レーザーを勧められましたが放置したらどうなりますか?

レーザー治療を勧められる場合は放置することで網膜剥離が起きる可能性が高い場合です。そのまま網膜剥離が起きない可能性もありますが、網膜剥離が拡大していった場合はバックリング手術や硝子体手術が必要になります。

 

安静は必要ですか?

状況により異なりますが、場合によっては網膜剥離の発症予防や拡大防止のため1週間ほど安静が必要な場合があります。

 

 

レーザー治療等を受ければ大丈夫ですか?

適切な症例に行えばかなりの確率で網膜剥離の発症予防や拡大防止が可能です。レーザー治療にて網膜剥離の拡大が防止できないと考えられる場合は、レーザー治療は行わず初めからバックリング手術や硝子体手術を行います。

 

 

お問い合わせ