診療案内
新道東コンタクト 無料送迎サービスをご利用ください 日帰り白内障手術 スタッフ募集
1

子供の視力の発達について

子どもの視力の発達

生まれたばかりの赤ちゃんはまだ、明るさがわかる程度といわれています。 その後、いろいろなものを見ることで視力は発達し、だいたい5歳くらいで1.0に達するとされています。

 

視力が発達するには、ものを見ることが最も重要ですがもし視力の発達の途中でものをくっきり見ることができない状態が続くと、弱視の状態になってしまいます。

 

 

 

子供の視力検査は何歳から?

子ども

大人の検査で使うような輪の切れ目の検査表“C”は、個人差はありますがだいたい3歳くらいからできるようになります。

もし視力検査ができなかったとしても遠視や近視の検査はできるので、その度数からメガネが必要かどうかもわかります。

 

 

 

弱視について

弱視って何?

弱視とは、メガネやコンタクトレンズを使用しても視力が十分に出ない状態のことを言います。「裸眼視力は0.1だけど、メガネやコンタクトレンズをすれば1.0になる」という場合は弱視とはいいません。

弱視の種類と原因

弱視にもさまざまな原因があり、それぞれ治療方針も異なります。

 

(1)不同視弱視

片方の目だけ遠視や乱視が強いために、その目だけ視力が発達していない状態。

 

(2)屈折異常弱視

両目とも遠視や乱視が強いために、両目とも視力が発達していない状態。

 

(3)斜視弱視

斜視になっている目が使われないために、片方の目だけ視力が発達していない状態。

 

(4)形態覚遮断弱視

生まれつきの白内障や眼瞼下垂、また眼帯の使用などの理由により、片方もしくは両方の目に光が入らない状態が続いたために、視力が発達していない状態。

弱視の検査

診断をするためには、視力検査と屈折(度数)検査、斜視検査を行い、必要に応じて目薬を使った検査も行います。その後、医師による診察にて目の中の病気がないか確認し、弱視かどうかを診断します。

弱視の治療方法

弱視にもさまざまなタイプがありますので、当院ではその子に応じた治療方針を考え、完治できるように取り組んでいます。

 

(1)不同視弱視

原因となる遠視や乱視を矯正するようなメガネを作ります。その後、視力が良い方の目をアイパッチ(眼帯)で隠して、弱視になっている目をたくさん使う弱視の訓練をします。

 

(2)屈折異常弱視

原因となる遠視や乱視を矯正するようなメガネを作ります。

 

(3)斜視弱視

遠視や乱視があればメガネを作ります。その後、視力が良い方の目をアイパッチ(眼帯)で隠して、弱視になっている目をたくさん使う弱視の訓練をします。

 

(4)形態覚遮断弱視

原因となる白内障や眼瞼下垂の治療を行った後、必要に応じてメガネを作り、視力 の左右差があれば視力が良い方の目をアイパッチ(眼帯)で隠して、弱視になっている目をたくさん使う弱視の訓練をします。

 

以上のような治療を行いますが、弱視を治療できる年齢には限界があり一般的に8歳くらいまでとされています(不同視や屈折異常の弱視は12歳くらいまで)。可能なうちにしっかりと治療しなければいけません。 また、治療の効果は数ヶ月から数年かかる場合もあり、頻繁で長期にわたる通院が必要になります。

弱視の訓練

弱視になった場合、目の度数に合ったメガネを作ることがまず基本となりますが、メガネだけでは視力が向上しない場合もあります。

 

斜視について

斜視って何?

斜視とは、片方の目の視線がずれている状態をいいます。片方の黒目が別の方向を向いている状態なので、両目の焦点が合わず遠近感もつかみにくくなります。人によっては物が2つに見える場合もあります。

斜視の種類と原因

斜視は、下の図のように目線がずれる方向によっていくつかの種類に分けられます。

1

この中で、子どもに最も多いのは外斜視と内斜視です。代表的な3つの斜視を紹介します。

 

間欠性外斜視

片方の目が時々外側にずれる状態を言います。ボーっとしている時や遠くのものを見ている時などに外斜視が出やすく集中してみている時にはあまり斜視はみられません。生後すぐからみられる場合もあります。原因はよくわかっていません。

調節性内斜視

ものを集中してみようとすると片方の目が内側に寄ってしまう状態を言います。調節性内斜視は遠視が原因となって起こります。1~3歳位の間で発症することが多いです。遠視の子どもにみんな起こるわけではありません。

乳児内斜視

生後6ヶ月位までに発症する内斜視です。原因はよくわかっていませんが、調節性内斜視とは異なって遠視が原因ではありません。

斜視の検査

斜視を診断するためには、視力検査・屈折(度数)検査を確認した後、いろいろな検査器具を使って詳しい斜視の検査を行います。黒目がきちんと動くかどうかや、遠視や近視のメガネで斜視が良くなるかどうか、また両目でみた時に立体的に物をみることができるかなど調べていきます。必要に応じて目薬を使った検査も行います。

斜視の治療方法

まず、必要であればメガネを作ります。プリズムといって両目の視線を合わせやすくするようなレンズを用いて治療することもあります。また当院では、適応となる子どもには斜視の訓練も積極的に行っています。メガネや訓練でも斜視が治らない場合は手術が必要になることもあります。

斜視の訓練

適応となる子どもには、斜視の訓練をすることで斜視が目立たなくなることもあります。訓練は主に外斜視に対して行います。外斜視は子どもの斜視の中でももっとも多いタイプです。

 

遠視・近視・乱視について

遠視とは

遠視とは、本来は遠くも近くもピントが合わないような目の状態です。 でも子どもはピント合わせの力が強いので、ある程度の遠視であれば割りとハッキリとみることができます。でも遠視が強いとピント合わせができずに常にぼやけた状態でみることになります。それを放置しておくと視力の発達が止まって弱視となります。 遠視による弱視が考えられる場合、目薬を使った検査を行い、必要であればメガネを作成します。また、弱視ではなかったとしても遠視は眼精疲労(目の疲れ)を訴えることがあるため、視力が良くてもメガネを作る場合があります。

近視とは

近視とは、近くのものはよくみえるけど遠くのものが見えづらい状態です。 学校での黒板の文字や、離れたテレビ画面の文字などが見えづらくなります。

 

近視はある程度強くても近くはハッキリみえるので弱視になることはほとんどありません。しかし、徐々に近視が進んで遠くが見えづらい状態になると目を細めてみるようになります。一般的に近視は成長に伴い進んでいくものですが、まれに実際は近視ではない仮性近視という場合もあります。 当院では、近視の正確な度数を調べるための目薬を使った検査も必要に応じて行っています。その結果、仮性近視が疑われる場合には当院では目薬での治療や器械を使って望遠訓練を行います。

 

本物の近視であることが確認できた場合、ある程度近視が進んできたらメガネの作成を行っています。自己管理が出来る年齢になってくれば、コンタクトレンズ処方も可能となります。また、日常的な注意事項としては、明るい環境でものを見るようにし、寝転んだり、悪い姿勢で本を読んだりする事は近視の進行につながる危険性があるので注意が必要となります。

乱視とは

遠視や近視は見ている距離によって見え方が変わりますが、乱視は距離に関係なくものがだぶって見えるような症状です。乱視は主に眼球の角膜のゆがみが原因で起こります。成長によっても乱視はあまり変化しません。 ある程度強い乱視の場合、それを放置しておくと視力の発達が止まって弱視となります。乱視による弱視が考えられる場合も、目薬を使った検査を行い、必要であればメガネを作成します。

家庭で弱視・斜視を見つける方法

弱視・斜視は早期治療により予後が大きく異なります。 3歳児健診で検査を受けることはとても重要ですが、子どもと一緒にいる家族が普段の生活から目を良くみてあげることで、より早期発見につながります。 家庭で以下のような症状がみられる場合には弱視や斜視の可能性もあるため一度眼科受診をお勧めします。

 

 

  • ●目つきが悪い
  • ●向かい合っても目が合わない
  • ●片目をつぶってみる
  • ●顔を傾けてみる
  • ●片目を隠すととても嫌がる
  • ●テレビや絵本をかなり近づけてみる
  • ●目が揺れている
  • ●空を飛んでいる鳥や飛行機がみえない

 

 

メガネの健康保険適用

9歳未満の弱視もしくは斜視で、治療のためのメガネであれば健康保険が適応されます。一般的にはメガネ代の約3割が自己負担となります。

 

よくあるご質問

なぜ斜視になるのですか?

斜視の原因は1つではありません。家族に斜視の人がいる場合(遺伝)や、遠視があるなどいくつかの要因が結びついて起こることが多いようです。片方の目が弱視になっている場合も斜視の原因になります。まれですが、頭の病気のために斜視が出現することもあります。

斜視は自然に治りますか?

通常は、斜視を放っておいても自然に良くなることは基本的にありません。しかし、角度が大きくない内斜視は自然に治っていく場合もあります。偽斜視(まぶたの形状による見かけ上の斜視)は成長するにつれてなくなります。

 

斜視の子どもはどのように見えているのですか?

斜視になると、両目の視点が合わないために、同じ1つの物が二重に見えたり他の物に重なって見えたりすることがあります。これを複視(ふくし)と言います。複視が出てしまうと非常に不自由です。斜視の子どものほとんどは、複視で不自由しないように頭の中で1つの像を自然に消すことが出来ます。これを抑制(よくせい)と言います。(大人になってから出てきた斜視の場合は複視が出ることが多いです。)

 

ですから、子どもはものが二重に見えると言うことはありませんが、立体感がないため通常に比べるとやや生活に支障が出ることがあります。しかし、生まれてからそういう見え方なので子どもにはそれが当たり前でありますので、途中で斜視になってしまった大人のように不自由を訴えることはまずありません。

3歳児検診で調節性内斜視(時々目が内側による)が見つかり、眼鏡を作るように言われました。裸眼視力が良いのにどうして眼鏡が必要なのですか?また、常に眼鏡をかけておく必要がありますか? 手術で治りますか?

内斜視の子どもで眼鏡を作る場合、ほとんどは「遠視」が原因となって内斜視となっている場合が多いです。遠視は、遠くも近くもピントが合わないような目の状態ですが、子どもはピント合わせの力が強いので、その力を使って裸眼でも遠くも近くも物がはっきり見えています。しかし遠視の子どもの中には、その力を使うことが原因で目が内に寄ってしまうことがあります。治療は、ピント合わせの力を自分自身で使わなくてもいいような遠視の眼鏡をかけることです。それにより内斜視の改善が見られます。視力のためではなく斜視の治療のために眼鏡を必要とします。眼鏡は常用する事が一番の治療で、眼鏡をかけたり外したりしていると内斜視が悪化する事もあります。眼鏡で内斜視が治る場合は手術は必要ありません。

入学前に斜視・弱視が見つかり、眼鏡が必要と言われました。眼鏡をかけることによって視力が悪くなることはありませんか?また、眼鏡をかけ始めると、手放すことができなくなりませんか?

眼鏡をかけたことが原因で視力が悪くなることはありません。成長に伴う眼の変化で度数が変わり裸眼視力が落ちる事はありますが、眼鏡のせいではありません。むしろ、眼鏡をかけない方がピンボケの状態になって眼が疲れやすくなり、さらに弱視や斜視がひどくなる可能性もあります。 眼鏡をかけ始めると、かけていることの方がよく見えることにお子さんも気づきます。そういう意味では眼鏡が手放せなくなりますが、眼鏡をかけることでお子さんがよく見えるわけですので、それはよいことでしょう。 また、遠視であれば成長に伴い度数が減っていく傾向がありますので、個人差はありますが将来眼鏡をかけなくてよくなるこ可能性もあります。

修学自前の子どもです。斜視・弱視で眼鏡をいつもかけておくように言われました。眼鏡を数時間でもはずすと、目によくないのですか?運動やスイミングの時には外してもいいですか?

弱視や斜視の治療のために眼鏡をかけている場合は基本的に常に眼鏡をかけておく必要があります。しかし激しい運動やマット運動、スイミングなど数時間であれば、外しても眼に影響はほとんどありません。激しい運動やマット運動などの眼鏡が危険な場合を除き、眼鏡をかけておいた方がよく見えるので運動時も眼鏡はかけておいた方がよいでしょう。きちんと顔に合っている眼鏡であれば少々動いてもずれません。

8才の子どもです。眼鏡で弱視は治っているといわれました。いつまで眼鏡をかけるのですか?コンタクトレンズも可能ですか?

遠視・近視・乱視の程度や、治療の具合にもよります。強い遠視・近視・乱視であれば物をはっきりみるためにずっと眼鏡をかけておいた方がよく見えますので、眼鏡をかけておいた方がよいでしょう。 遠視の場合、強い遠視でなく裸眼の状態でも視力や斜視に問題なければ眼鏡が必要なくなる可能性があります。近視の場合は、強度の近視である場合が基本的に眼鏡が必要なことが多いです。 また、斜視がない場合、部活で眼鏡が不便などの理由がある時はコンタクトレンズ(CL)装用も可能です。ただし、CLは合併症の危険性がありますので、本人・保護者ともにCLで起きうる合併症を理解し、適切にCLを扱えることが条件になります。CLをしていても眼鏡は必ず持っておく必要があります。

3歳児検診で斜視・弱視を指摘されました。眼鏡などの治療を勧められましたが、治療せずに放っておくとどうなりますか?

弱視というのは目の発育が途中で止まった状態です。治療しなければそのまま視力が向上せずに、大人になって眼鏡をかけてどんなに治療しても視力が出ない状態になってしまいます。斜視の場合は、より斜視がひどくなる事も多く、見ためも目立つようになることがあります。早期発見・早期治療がとても大切です。是非、治療をお勧めします。

7才の子どもです。時々片方の目が外向きになりますが、通常は両目ともまっすぐ向いています(間欠性外斜視)。眼鏡(プリズム)を勧められましたがそのまま何もしないで様子を見るのはだめですか?

外斜視は、寄り目の力を使うことでまっすぐにもできます。しかし実際は、外斜視の状態が本当の姿です。目を寄せる力でまっすぐにできていますが、その時の眼はとても緊張状態になっていて疲れやすくなっています。ですから、疲れたとき、気が抜けたときなどに眼が外に向きやすくなり、それがだんだん悪循環になり外向きの頻度が増え、外向きの角度も大きくなっていくことがあります。プリズム眼鏡をかけることで目を寄せる力を使わなくても楽に両目の視点を合わせることができるようになるため、外斜視になる頻度を減らし、悪循環になるのを防ぐことが出来ます。外斜視の頻度がとても少なく、外斜視になっている角度がとても小さい場合であれば何もしないで様子を見ることもあります。

就学前の子どもですが、外斜視の手術時期を勧められました。手術はいつごろするのが良いですか?手術をすれば治りますか?

外斜視の手術は、プリズム眼鏡では十分な治療が困難な場合と、プリズム眼鏡でまあまあの状態でもプリズム眼鏡を外す、もしくはプリズムの量を減らすことを目的とする場合とがあります。前者であれば早く手術をして目の位置を早く正常に近い状態に戻した方がよいでしょうし、後者であれば手術は急ぐ必要はなく、春休みや夏休みに手術をするというのでもよいでしょう。手術後の再発も可能性はあります。もともと両目で同時に見る機能(両眼視)が弱い場合や片眼に弱視がある場合は再発の可能性が高いと言われています。

2才の子どもです。弱視でアイパッチをしています。アイパッチすると見えないので嫌がってすぐ外してしまいますがどうすれば良いですか?

普通に考えたら良い方の目をふさいでしまうのですから子どもは嫌がります。アイパッチを始める一つの方法としては、アイパッチをして子どもが好きなことをさせることです。好きなテレビを見せたり、好きな絵本や本をみせたり、塗り絵やパズルなどもよいでしょう。アイパッチの目的は、弱い方の目を使わせることですので、何でもよいですから目を使わせることが大切です。弱視の程度が強い場合はアイパッチを一日中しなければならない、ということもあります。少しずつアイパッチになれていってもらって徐々に時間を延ばしていくとよいでしょう。小さいお子さんの場合、いきなり1日中アイパッチを開始することは困難な場合が多いと思います。

 

小学生くらいであれば、アイパッチの必要性をきちんと説明すれば理解してくれますのでアイパッチも比較的頑張ってくれることが多いでしょう。 アイパッチをすぐ外してしまうと、視力が上がらない上に治療期間もずっと延びてしまいます。早く発見して、しっかりアイパッチをして、早く視力をあげていけばアイパッチ治療も早く卒業できます。本人にとっても保護者の方にとってもアイパッチの治療は大変だと思いますが、しっかり頑張って下さい。

9才の子どもで片方の目が弱視であることが分かりました。治療開始時期が遅いと言われましたが、アイパッチは必要ですか?また、いつまでするのですか?

一般的には、アイパッチは視力の改善がある限り続けます。視力向上に伴い徐々にアイパッチ時間を減らしていき、1.0以上安定した状態が数か月続けばアイパッチ終了としています。また、弱視の種類や程度にもよりますが、一般的には視力改善の見込みがあるのはだいたい8歳ころまでといわれています。当院では、9才だから治療は手遅れとは考えずに、可能性が少しでもあるのであれば積極的に治療を行います。ここであきらめたらお子さんの視力は一生向上しないため、後悔がないよう頑張って治療をすることをお勧めします。実際にアイパッチ開始が8才を過ぎていてもでも視力が向上した例もあります。しかし、積極的に治療を行っても視力の改善が見られないこともあり、その場合は保護者と相談のうえ、アイパッチを終了としています。

 

お問い合わせ