診療案内
新道東コンタクト 無料送迎サービスをご利用ください 日帰り白内障手術 スタッフ募集
1

コンタクトレンズについて

メニコン

現在、我が国には1500万人を越えるコンタクトレンズ(CL)装用者がいると言われ、10人に1人がCLを装用していると推測されます。

目に直接レンズを入れるため、目から離れた距離にある眼鏡のレンズに比べ像のゆがみがなく、強度近視や乱視の方にも適しています。その一方でCL障害も急増しており、インターネット販売によるCLの知識不足や、定期検査を受けない方が増えているのが原因として挙げられます。

 

コンタクトレンズをお考えの方へ

コンタクトレンズ(CL)は下記のように非常に優れた視力矯正手段です。CLをしたいと思う理由はいろいろあるでしょう。眼鏡では見えにくい、眼鏡が煩わしい、オシャレのためなど。適切に使いこなせば問題はないのですが、長時間使用したり、手入れが不十分であったり、適切に使用してもCLが合わない場合などに、合併症(コンタクトレンズ障害にリンク)を引き起こすこともあります。なるべく合併症を起こさないためにも、眼鏡との併用を是非お勧めします。眼鏡と併走することで、CLの使用時間を減らせますし、充血や痛みを感じたときもすぐに眼鏡に切り替えることでCLの合併症が起きた場合も素早く対応することになります。眼鏡を持っていないとCLを使い続け合併症がひどくなってしまう危険性があります。

 

当院では未成年の方で眼鏡をお持ちでない方のCL処方は基本的に行いません。上記をご理解された上で、眼鏡をまず作成し、十分に眼鏡に慣れた状態でCLを使われることを強くお勧めします。同時に作ればよいのではないかという声もありますが、同時に作ってしまうとどうしてもCLの方が便利なので、朝起きてから夜寝る前までCLをし続けてしまう可能性が高いのです。眼鏡への抵抗を無くす意味でも、最低1ヶ月くらいは眼鏡での生活をお勧めします。

コンタクトレンズと眼鏡の比較

  長所 短所
コンタクトレンズ ●強度近視
●遠視や乱視による像のゆがみや大きさの変化がない 
●視野が広い
●スポーツに適している(ソフトコンタクトレンズ)
●円錐角膜等の特殊な目にも対応可能
●合併症が起こることがある
●取り扱いに注意し、定期検査が必要
眼鏡 ●簡便
●合併症がない
●円錐角膜等は視力が出にくい

通常のコンタクトレンズ(CL)に加え、技術の進歩により乱視用のソフトCLや、遠近両用CL、円錐角膜用や虹彩つきの特殊なCLも改良されてきました。 また、デザインの改良や素材の改良にともない、目に傷が付きにくくなったりずれにくくなったり、酸素透過性が向上するなどして、CL障害も従来のものに比べて起きにくくなってはきております。

 

しかしながら、コンタクトレンズ(CL)は直接目にレンズを入れるため、角膜に傷がついたり、結膜炎が起きたり、場合によっては細菌等が感染して重症化してしまうと失明したり後遺症が起きたりすることすらあります。適切にCLを使用し、定期検査を受けることで自分の目を守っていくことが重要です。

コンタクトレンズの種類

通常のコンタクトレンズ

コンタクトレンズの素材は、大きく分けるとハードレンズとソフトレンズに分類されます。それぞれに特徴があるので、ライフスタイルに合ったコンタクトレンズを選びましょう。 両方を比較した利点・欠点は以下の通りです。

 

ハードコンタクトレンズ

1

 

ソフトコンタクトレンズ

従来のソフトコンタクトレンズ(SCL)に加え、使い捨てレンズが主流となっている。1日使い捨てSCL、1、2週間頻回交換SCL、1~3ヶ月の定期交換SCLなどがあり、1日使い捨てタイプは洗浄・消毒が不要で毎日使い捨てなので、全てのコンタクトレンズの中で合併症の確率が一番低いコンタクトレンズとなっている。

1

 

  長所 短所
ハードコンタクトレンズ ●強度近視、乱視などにも視力が出やすい
●酸素透過性が高い 
●病気が起こったときに気付きやすい
●長持ちする、経済的
●異物感があり、慣れるのに時間がかかる
●ずれやすくスポーツには不向き
●長期使用にて眼瞼下垂が起こることがある
ソフトコンタクトレンズ ●付け心地が良く慣れやすい
●ずれにくいのでスポーツなども適切
●病気が起こったときに気づきにくい
●強度近視、乱視の見え方がイマイチ

コンタクトレンズ障害

コンタクトレンズケアの重要性について

<こんなことしていませんか?>

 ●コンタクトをつけたまま寝る

 ●交換期限の過ぎたレンズを使っている

 ●水道水でレンズを洗う 装用時間が長すぎる

 ●こすり洗いを怠っている

 ●保存液を継ぎ足して使っている

 ●汚れや化粧品の付いた手でレンズに触る

このような状態でコンタクトレンズを装用していると、症状がなくても角膜上皮障害など重大な眼のトラブルを引き起こす可能性があります。

 

合併症を防ぐには

重大なトラブルを防ぐためには

●レンズの付け外しは必ず石鹸で手を洗ってから行ってください。手のひらや指についた化粧品はなかなか石鹸では落ちないため、女性の方はメイク前にレンズを装用してください。

●レンズをつけたまま寝ないようにしましょう。

●1日の装用時間は長くても12時間程度とし、これを超えないようにしましょう。

●毎日きちんとケアを行いましょう(下記参照)。

●定期的な検査・診察を受けましょう。

レンズケアの仕方について

ハードコンタクトもソフトコンタクトも最近は、ボトル1本でケア(洗浄・すすぎ・消毒・保存)ができる用品でのお手入れが主流です。当院もこのケアでの説明を行っています。ケアの方法は以下の通りです。詳しくはケア用品の説明書をご覧ください。

 

洗浄

こすり洗い不要と書いてあっても、必ずこすり洗いをして下さい! こすり洗いをしなければ洗浄効果はありません。必ず専用の液で最低30秒はこすり洗いをして下さい。

 

すすぎ

こすり洗いをしたら、レンズの両側をよくすすいでください。

 

消毒と保存

レンズケースに専用の液を満たし、レンズが完全に浸るように入れ、しっかりとふたをします。ケア用品ごとに決められた時間放置すると消毒は完了です。

*ソフトコンタクトの方は絶対に水道水は使用しないでください。専用の液を使用ください。

*使用後のレンズケースの液は毎日交換しましょう。

*日中、ケースを使用しない間は、清潔なタオルの上などに伏せて自然乾燥させてください。

*清潔にお使いいただくために、レンズケースも定期的(約3カ月)に交換してください。

 

コンタクトレンズは高度管理医療機器であり、使用の際は必ず眼科医の検査・処方を受けることになっています。大切な眼を健康に保つためにも、定期的な検査と診察を受け、眼科医の指示を守って正しい取り扱いを心がけましょう。

検査から処方までの流れ

初めてコンタクトを作られる方、定期検査を受けられる方は、まず眼科受付へお越し下さい。完全予約制のため診察時間の確認を行います。診察予約後、ご希望のコンタクトレンズの種類を決めて頂きます。

 

当院には眼科の隣に併設のコンタクト店を設けています。視力検査の前にコンタクト店にてご希望のレンズの種類を決めて頂きます。その後、眼科で視力検査を行い、コンタクトレンズを装用し度数調整を行います。コンタクトレンズを装用したまま診察室にて眼とレンズのカーブが合っているかや眼の異常がないかなど医師が状態をチェックします。問題なければコンタクトレンズ処方となります。

よくあるご質問

何歳くらいからコンタクトレンズは可能ですか?

小学校高学年からコンタクトレンズ(CL)装用は可能ですが、なぜCLがしたいのか、またCLで起きうる合併症を理解し、適切にCLを扱えるか、が重要なポイントです。 コンタクトレンズ(CL)をしたい理由とは、例えば、サッカーや野球など部活で眼鏡が不便、強度近視で眼鏡で見づらい等の理由がある場合です。

 

コンタクトレンズ(CL)で起きうる合併症を本人・保護者が理解し、適切にCLを扱えるか、というのも重要なポイントとなります。中学生になったからと言っても、CLのケアをしない性格であったり、つけっぱなしにしたり、何か異常を感じても保護者に報告しないような性格であればCLによる合併症が懸念されますのでCLは不適切だと考えます。

眼鏡を持っていませんが、コンタクトレンズ作成は可能ですか?

コンタクトレンズ(CL)作成時に、眼鏡を持っているというのが前提です。 眼鏡なしでCLを作成してしまうと、CLを朝起きて装用し寝る直前まで外しません。そうなると装用時間が15時間以上の長時間装用になってしまいます。

 

長時間装用になればCL障害の確率も増してしまいます。また、もしCL障害が起こった場合、CLを中止して治療を行います。その際に眼鏡がないと見えないので無理してCLを装用し続けることになります。合併症が治りにくいどころか増悪していく危険性があります。

 

上記の理由で、コンタクトレンズ(CL)を作成されるときは眼鏡の有無を確認させて頂きます。

1日何時間くらいコンタクトレンズは装用して良いですか?

一般的には12時間以上の使用は控えたほうがよいと言われています。個々の環境によって異なりますが、帰宅したら眼鏡にする、不必要なときは眼鏡で過ごす等を心がけ、コンタクトと眼鏡の併用がよいでしょう。

 

どういうことに注意しながらコンタクトレンズを使えばよいですか?

目がゴロゴロする、充血している、めやにが出る、かすむ、コンタクトレンズ(CL)を外すとしみる、等何か通常と異なる症状が出たときはCLを中止し眼科を受診するようにして下さい。 初期であれば適切な治療により問題になることはありません。

コンタクトレンズにはいろいろあるようですが、どのコンタクトレンズがいいですか?

「通常のコンタクトレンズ」にあるように大きくハードコンタクトレンズとソフトコンタクトレンズに分けられます。近視や乱視の度数、スポーツをするかどうか、アレルギーやドライアイがあるかどうか、ケアをきちんと出来るかどうか、など様々なことを考慮して選ぶ必要があり、一概には言えないところです。

目が充血する、めやにが出る、ゴロゴロする等の症状があるがコンタクトレンズを続けても良いですか?

「コンタクトレンズ(CL)障害」にあるように全ての合併症の初期症状はそのようなものから始まります。CLを中止し眼鏡装用し、眼科受診をお薦めします。

 

ハードコンタクトレンズを20年使用していますが、最近まぶたが下がってきています。治りますか?

ハードコンタクトレンズを何十年もしていると、眼瞼下垂といってまぶたが下がってくることがあります。早期であればハードコンタクトレンズをソフトコンタクトレンズに変えたり、眼鏡に変えたりすることで改善することがあります。 放置すると治らなくなることがあり、そうなると治療としては手術となります。

買いに行く時間がない、値段が安いなどの理由で、インターネットでコンタクトレンズを買おうと思うのですが?

コンタクトレンズ(CL)の正しい使用法、起こりうる合併症をきちんとご理解頂いた上で、インターネットで購入されるのは問題ないと思います。 ただし、視力や度数は変化することがありますし、気づかないうちにCL障害が出てくることもありますので、眼科での定期検査を必ず行ってください。

 

お問い合わせ